泰書會


泰書會会長 柳 田 泰 山

泰書會とは

 泰書展会場泰書會は、中国の古典に根ざした楷書を中心に、純粋で高邁な書を追求する書道団体です。
 江戸時代から名筆家を輩出してきた柳田家、その四代目柳田泰山が主宰し、書の究極と言われる楷書の美を学ぶことができます。
 もちろん行草篆隷の各体の理解は必須ですが、楷書に対する真摯な姿勢と高い理想は、数ある書道団体の中でも随一だと自負しております。
 日本橋の三越前という利便性の高い地に本部教室をかまえ、東京だけでなく秋田や京都にも支部教室をもつ泰書會。
 年に一度開催される上野の森美術館での「泰書展」では、日頃の精進の成果を多くの方の前で発表することもできます。
 平成六年創刊の「泰斗」は、すでに200号を超える当会の競書誌であり、幼年・児童・学生から師範向けの高度な手本だけではなく、書道史や展覧会情報など役立つ情報が満載で、書学者には必須の内容となっております。
 毎号掲載される会員の段級位一覧は、学ぶ意欲を向上させる刺激の一つとして魅力的なものと言えましょう。
 是非皆さんも、楷書の持つ奥深さと美しさに、実際に触れてみませんか。



〜 お 問 い 合 せ 〜

03-3246-2211

までお気軽にお問い合せ下さい。


当ウェブサイト上に掲載している文章、写真、画像、ならびにこれらを組み合わせた編集物の著作権は、すべて泰書会に帰属します。
媒体を問わず、著作権者の許諾なしに無断で転載、複製、改変、出版、販売などの行為はできません。
Copyright(C) 泰書會 : Taishokai 2007 All Rights Reserved.